ヤフオクでジャパンネット銀行を使う



ジャパンネット銀行の利便性は高い

ジャパンネット銀行は、三井住友銀行とYahoo!が出資している老舗のネットバンクになり、所持していれば「Yahooかんたん決済」での支払いや出品した時の代金受取にと頻繁に活用する口座になるといえます。

Yahoo!と資本業務提供しているだけあって、ヤフオクでは支払いシステムに組込まれていますから、使い勝手も非常にいいんですよ。
ジャパンネット銀行はYahoo!の銀行と言っても過言ではありません。

メリット

Yahooかんたん決済が使いやすい

ヤフオクの落札代金の支払い方法には、Yahoo!のシステムが出品者と落札者の仲介役になる「Yahooかんたん決済」が現在は主流です。

Yahoo!と資本・業務提携しているジャパンネット銀行は支払いも受取りも別格で使いやすくなっています。

「Yahooかんたん決済」支払方法の中には、「ジャパンネット銀行支払い」というものが別枠単体で設けられおり、支払う側は初期設定でYahoo!ウォレットの支払い口座としてジャパンネット銀行を登録してあれば、毎回口座情報を入力やパスワードも入力する手間も省け支払いができます。

もちろん決済手数料は無料でおこなえる上に、支払った落札代金の1%分のTポイントもたまります。

代金を受取る側も 、Yahooウォレット受取口座に ジャパンネット銀行 を指定していれば、Yahoo!かんたん決済で支払われた落札代金は、土曜・日曜・祝日・夜間でも関係なくリアルタイムで入金されるのでありがたいです。

キャッシュカードはVisaデビット機能付きカード

ジャパンネット銀行 の口座開設すると、
JNB VISAデビットカード(キャシュカード一体型)が発行されます。

JNB VISAデビットカードは預金を出し入れするキャッシュカード機能の他に、クレジットカードのように買いものができる機能が付いています。

でもVISAデビットカードはリアルタイムで購入した代金が、自分の口座からリアルタイムで引かれるので、口座にある金額までしか利用できません。

クレジットカードに抵抗がある人でも安心して利用できるカードといえますね。

デビットカード

入出金はセブンイレブンやイトーヨーカドーの「セブン銀行」やファミマ・サークルKサンクス・スリーエフの「イーネット」、ローソンATM、ゆうちょ銀行などでも利用できますから、現金引出しに不便を感じることはまったくありません。

落札代金の支払でTポイントがたまる

Yahooかんたん決済で「ジャパンネット銀行支払い」はもちろん、「インターネットバンキング支払い」でもジャパンネット銀行を利用して落札代金を支払えば、落札金額の1%分のTポイントがたまります。


付与されるポイントは通常ポイントになるので、期間固定Tポイントのように利用場所が、Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO!ストアしか使えないなどの制限はなく、提携先ならどこでも利用できるポイントです。

ジャパンネット銀行の手数料

現在300万口座を超えているジャパンネット銀行は、インターネット専業の銀行ですので通帳はありません。
そしてネット専業の銀行なので24時間365日、PC・スマホ・タブレットからどこでも振込み、入出金、残高確認が可能です。

実店舗も東京に「本店営業窓口」しかないので、よくある銀行にように設備に掛かる費用や人件費が抑えられる分、ユーザーに金利や安い手数料などで反映しています。



 振込手数料(同行宛)

 54円(3万円未満)

 振込手数料(他行宛)

 175円(3万円未満)

 振込手数料 3万以上

 270円(3万円以上)

 口座維持手数料

 0 円

 提携ATM

 

 入出金をお知らせ

 メールでお知らせ

 通帳の有無

 なし


入金金額に間違いがないかの確認も、「残高確認」というスマホアプリを利用すれば簡単に入金額が確認でき、すぐに発送業務に移れるのも嬉しいところですね。




提携ATM入出金手数料

毎月初回のATM手数料(入出金それぞれ1回)は無料になり、2回目以降は下のような手数料になっています。3万円以上は完全0円です。


ワンタイムパスワードのセキュリティー

ジャパンネット銀行の口座開設をすると、数字がランダムで表示される小さい機械が送られてきます。これは「トークン」という名称で、その時の1度だけ有効なワンタイムパスワード(6桁の数字)が表示され、振込時の最後の本人確認として表示されます。

乱数表による使い回しのない強固なセキュリティなので、最近頻発しているネットバンキングの不正送金対策としてもとっても有効です。



ロト・ナンバーズ・totoも購入できる

他のネット銀行でも取扱してますが、ジャパンネット銀行でも「toto、ロト、ナンバーズ」を購入できます。

登録しているメールアドレスには、「JNBから当選者誕生」などよくメールが来ますから実際に当たっている人はいるみたいですね。

当選すると自分の口座にポーンと入金されるみたいなので、いつか当選者の仲間入りしてみたいものです。



ジャパンネット銀行を利用しての感想

随分前ですがヤフオクを始める時に、ジャパンネット銀行の口座開設しました。 当時は「Yahooかんたん決済」の利用は有料だったので「銀行振込み」というのがメインの支払いだったんです。

ですので何とか振込手数料を抑えるために、ヤフオク参加者の所持率の高い「ジャパンネット銀行」や「 楽天銀行 」の口座を開設し、取引きごとにあてがって使い分けしていましたが、もうそれはもう昔のことですね。

現在はYahooかんたん決済の「ジャパンネット銀行支払い」を利用するために、Yahooウォレットの支払口座、受取口座に登録して利用しています。一度登録すれば数クリックで支払が完了するのは簡単で気持ちがいいです。

そして意外に便利なのが、口座開設すると発行される「VISAデビットカード」。

自分の場合は何を買うにもクレジットカードを利用するので、クレジットカード利用に何の抵抗はないですが、それでも何だか怪しいところから品物を買う場合などには、VISAデビットカードを利用するようにしていますね。

万が一、カードが悪用されても、被害は口座に入っている金額のみですから、気持ち的に安心できるというものです。

それから、totoBIG(最高6億円)とロト7(最高7億円)はよーく買っています。本当に高額当選は頻繁にでているようですから、自分も当選して残高に0が羅列する数字を夢見てます。

しかし自分への教訓も兼ねて書きますが、直接売り場でお金を払うものと違い、口座引落しは実感がないので買いすぎには注意です。


口座開設は簡単

ジャパンネット銀行の口座開設は、本人確認書類をジャパンネット銀行に郵送しなくても、免許証などの本人確認資料をスマホで撮影し送信すればオッケー。

その後、Visaデビットキャッシュカードとトークンが届いたら初期設定するだけです。