ヤフオクでネットバンクどれ使う?



安価で購入できる可能性があるヤフオクですが、
せっかく安く落札できても送料や、振込手数料が高くついてしまったら、せっかくのお得感が薄らいでしまうというもの。

送料の方は出品者の指定でどうしようもない場合が多いですが、落札代金の支払に掛かる「振込手数料」はネットバンクを利用することで、無料にできたり格安に抑えることができます。

自分が出品者の立場になったときでも、幾つかのネッットバンクを入金銀行として用意してあげでば入札者に親切ですし、同じネットバンク同士の支払いなら振込手数料が無料や格安、そして他行宛の振込みも安価ときています。

入金もWEB上からリアルタイムで確認できますから、取引きも早く進めることができるというもの、わざわざ銀行に行って通帳記入してなんてのは昔の話です。ネットバンクは自分にも先方にもメリットがある銀行ですから使わないのは絶対に損ですよ。

ネットバンクはWEB取引きだけに特化した、「店舗がない」、または「最小限の店舗しか持たない」WEB専業の銀行のことを指しますが、そういった純粋なネットバンク以外にも、実店舗でも銀行業務はするが、インターネット上でも取引き(インターネットバンキング)できる銀行は数多く存在しています。




~ネットバンク、またはネット取引きもできる銀行の特徴~

・ネットバンクによっては他行への振込手数料が数回無料!
・同じ銀行同士は振込手数料が無料!
・他の銀行に振込む場合も手数料が安価!
・口座維持手数料が無料!
・24時間/365日 リアルタイム入出金!
・金利が高い!
・入出金をメールで知らせてくれる機能もあり

ネットバンク




ヤフオク取引きでよく見かける銀行

私のヤフオク取引きでの私的な統計ですが、何か落札して出品者が入金先として提示するしてくる銀行でよく見かけるのは、「ゆうちょ銀行」「楽天銀行」と「ジャパンネット銀行」、その次のグループが「新生銀行」「住信SBIネット銀行」「東京三菱UFJ銀行」、その次に「その他の都市銀行や地方銀行」と、大きく括るとこの順番になります。

ゆうちょ銀行」の場合はそれ単体でいうよりも、他の入金銀行と一緒に明記されている場合が多くみられ、私も「ゆうちょ銀行」が明示されていれば、その取引きの入金先第一候補にします。
ゆうちょ銀行同士の振替(郵便の場合はこう呼ぶ)は月に5回まで無料で行えますから、個人でなら十分な回数です。

楽天銀行」は日本で口座数がもっとも多いネットバンクになり、「 ジャパンネット銀行 」の方は、日本で一番初めに営業を開始した老舗のネットバンクです。双方ともYahooの指定銀行になりますので、Yahooプレミアム会員に登録するときに口座開設される方も多いので、ヤフオクでは非常に所持率が高く、お馴染みのネットバンクで頻繁に目にします。

「楽天銀行」も「ジャパンネット銀行」も、「ゆうちょ銀行」同様にリアルタイムで代金は送金され、入出金はメールで知らせてくれますので、出品者側にも入金があったことを知ってもらうことができますからヤフオクには最適な銀行といえますね。

住信SBIネット銀行 は、口座があるだけで他行への無料振込が月に3回もでき、セブンATMは無料、その他コンビニATMも5回まで無料のありがたい銀行として口座数急上昇中のためか利用率も高くなっています。

新生銀行」も同じ理由(昔は3回でしたが現在は1回)で所持している方が多いようです。

ヤフオク取引きで
よく見かける銀行
他行無料
振込回数
同銀行振込み
3万円未満
他行銀行振込み
3万円未満
コンビATM
手数料利便性
特徴
 ゆうちょ銀行 なし 金額に関係なく
5回まで0円
6回目から113円
216円
・ヤフオク利用率が非常に高い
・入出金をメールでお知らせ機能あり

  楽天銀行 給料振込
指定で
3回/月
0円 165円
・ヤフオク利用者の所持率が高い(Yahoo指定銀行)
・口座数がもっとも多いネットバンク
・入出金をメールでお知らせ


 ジャパンネット銀行 なし 54円 172円
・Yahooと連携しているのでヤフオク登録に最適
・ヤフオク利用者の所持率が高い(Yahoo指定銀行)
・入出金をメールでお知らせ


 新生銀行 1回/月 0円 308円
・預金金額が200万以上で無料振込みが5回
・ATM利用手数料0円
口座があるだけで1回/月の無料振込


 住信SBIネット銀行 3回/月 0円 150円
・セブンイレブンATM手数料は365日完全無料
・入出金をメールでお知らせ
・口座があるだけで、3回/月の無料振込

 東京三菱UFJ銀行 なし 0円 216円
・Yahooの指定銀行


私が所持しているネットバンク

私が現在所持している銀行は、ヤフオクでよく見かける銀行と同じく、「ゆうちょ銀行」「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「新生銀行」を使用してヤフオクで買ったり売ったりしています。

出品者が提示した銀行が自分の持っている どれかの銀行なら、その銀行を当てるようにし、同行宛振込のメリットで無料(ジャパンネット銀行同士は52円掛かりますが・・)で振込み、もし所持していない銀行なら、「住信SBIネット銀行」の3回と「新生銀行」の1回分の無料振込を使用し、入金に掛かる手数料は払わないようにしています。

とにかく送料は別として、振込手数料にお金を出費するのはもったいないですからね。

所持銀行


「ゆうちょ銀行」は昔から所持していましたが、「楽天銀行」と「ジャパンネット銀行」はヤフオクを始めるのをきっかけに、一体どんなものかドキドキしながら口座開設したのを憶えています。

初めてのネットバンクでしたが、数回、残高照会や入金確認や振込みなどを体験すると、もう手放せない存在です。
私も昔は、ヤフオクの入金確認に通帳記入し、振込みは銀行のATMから400円ほどの高額手数料を支払ってしていましたから、もっと早くネットバンクの口座開設したかったところですね。

その後、「新生銀行」は無料振込み目当てに口座を作り、現在ではその後釜として「住信SBIネット銀行」の月3回の無料振込をありがたく使わせてもらっています。

当サイトでも、→ゆうちょ銀行  →楽天銀行  →ジャパンネット銀行  →住信SBIネット銀行  →新生銀行を詳しく解説しています。



[元のページに戻る]

Copyright(c)  初心者のためのヤフーオークション講座  All rights reserved.