出品スピード解説

syu06

落札に慣れてくれば、次は出品です

ヤフオクで幾つか落札を重ねてくると、次は出品に挑戦したくしたくなるものです。

すでに落札でヤフオクの流れが分かっていれば、出品といっても難しいものではなく、商品の撮影をし、商品タイトルと商品説明分を考え、落札後は商品を発送するだけ。

最初は家の不要品から出品していけば家も片付くというものですし、売上も稼げれば 一石二鳥、こんなに嬉しいことはありませんね。

>>ヤフオクでの売り方かんたんガイド

1. 出品するための登録と確認

少し前のヤフオクでは、Yahoo!プレミアム会員に登録することでパソコンからの出品ができましたが、現在では会員登録することなく出品ができるようになっています。

フリマ出品
メルカリなどのフリマアプリを意識した、定額(即決)が条件の出品方法です。

オークション出品
従来型のオークション形式の出品方法で、定額出品もできます。

 

上記の2種類の出品方法がありますが、「フリマ出品」でできることは「オークション出品」でもできます。

そして出品者が架空人物でないかを確認する「本人確認(モバイル確認)」を済ませれば直ぐにでも出品ができるようになります。

 

ポイント
「本人確認(モバイル確認)」は、Yahoo!カード・プロバイダがYahoo!BBなど、既に確認が取れているサービスを利用していれば必要ありません

2. 出品時にすること

登録が済めば次は出品作業です。出品する商品を用意し写真を撮影しましょう。

たまに画像無しで出品している人がいますが、商品を手に取れないヤフオクで写真なしはダメですよ。商品画像は大切な情報なので不可欠です。

ヤフオクの至る所にある出品リンクから出品フォームを開き、【商品タイトル】【商品説明文】【開始価格】【開催期間】【発送方法】【決済方法】【入札者制限】【自動延長】など必要項目を入力していき、撮影した写真をアップロードさせ出品完了です。

syu02

【決済方法】では、必ず「Yahooかんたん決済」を利用許可にしておきます。手数料0円ですから、現在では主流の支払方法になってますからね。

もし、Yahooかんたん決済の代金受取口座を登録していなければ、入金日までには設定しておきましょう。

ポイント
受取口座はほぼどこの金融機関が使えます。

3. 出品中にすること

出品中には興味も持ってくれた人から質問がくることもあります。

それに回答するのが、出品中の主な仕事ですね。

それ以外はアクセス数やウォッチリスト数の動向をチェックするくらいですが、もしアクセス数があまりにも芳しくない場合には「注目のオークション」などの有料オプションを利用するのもアリです。

スポンサードリンク


4. 落札後にすること

見事、落札されたら落札者との個人間取引きに移行していきます。

落札後のやり取りは「かんたん取引ナビ」なので、ヤフオクシステムが指示する通りのことをこなし、終了後はボタンをクリックして先方に知らせていけば、問題なく取引き終了まで辿り着くので心配はありません。

そして落札時と同様で評価を付け合い取引終了です。

syu03

ポイント
送料無料または送料定額で出品した場合は、こちらから送料の連絡をすることはありません。

落札されれば代金の10%をYahoo!に支払う

見事落札されれば手数料も発生します。

落札者の時にはYahoo!に支払う手数料はありませんが、出品者はYahoo!に落札システム利用料 10%(プレミアム会員は8.64%)が月単位で徴収されます。出品の場所代ということですね。

出品者側が手数料を支払う 
落札システム利用料「プレミアム会員」落札代金×8.64%(税込)
「非会員」落札代金×10%(税込)
有料オプション各種有料オプションを利用した場合のみ発生
出品取消システム利用料540円(税込)

その他に有料オプションを利用した場合の利用料、入札の入っているオークションを取り消した場合のシステム利用料が発生する場合があります。

 

>>ヤフオクでの売り方かんたんガイド

関連記事

ピックアップ

  1. sbi929-01
    住信SBIネット銀行は使えるネット銀行 住信SBIネット銀行は〔住友信託銀行〕と〔SBIホールディ…
  2. jnb10
    Yahoo!と業務提携しているジャパンネット銀行 ジャパンネット銀行は2000年に日本で初めてのネ…
  3. puremiam905
    出品するにはYahoo!プレミアム会員登録が必要 Yahoo!プレミアム会員は、月額462円(税抜…
ページ上部へ戻る